外壁塗装など住宅の手入れをしっかり行いましょう

砂利を利用する

砂利を庭に敷く

砂利を庭に撒くことがあります。砂利を庭に敷くことによって、植物が育たないようにするのですが、これが意外と需要があります。自分でできないこともないのですが、除草シートなんかを敷いた後に砂利を敷くのが効果的ですから、意外と手間がかかります。 ですから、専門の業者に任せたほうがよいです。それに砂利というのはいくらでもホームセンターなどで販売しているものですが、とにかく重いですから、それが一つのネックになります。 自分で庭に撒くことができないわけではないのですが、それがなかなか大変なのです。それこそ、人によっては何日もかけてやるのです。そうなるのであれば、業者に依頼したほうが安上がりになることが多いです。

砂利の庭をきれいに仕上げるためには

庭に砂利を敷く時は、いきなり砂利をまいたのではすぐに雑草が出てきて見た目が悪くなってしまうため、下準備をしておく必要があります。 まず、雑草を完全に取り除くために、砂利を敷く部分の土を掘り返す作業が必要になります。それから、掘り返した土を平らにならします。平らにした土の上に、後から雑草が生えてこないようにするため、防草シートを敷きます。防草シートは専用のピンでしっかりと固定し、その上に砂利をまくのです。砂利は量が少ないと歩いた時に散らばって防草シートが見えてしまうので、ある程度の高さになる量が必要です。 このように、砂利を敷く作業には手間がかかるものです。砂利や防草シートはホームセンターなどで購入できるので、自分で作業を行うこともできますが、見栄え良く仕上げるためには造園業者や工事会社などの専門家に依頼した方がいいでしょう。