外壁塗装など住宅の手入れをしっかり行いましょう

生態系の維持になる

「伐採」も「自然保護」の一手です

「伐採」という言葉を聞かれると、多くの方は熱帯雨林などの豊かな自然を畑や木材を切り出すために人間が開発することをイメージされることと思います。たしかにその場合の「伐採」は生態系を壊してしまうものであり、決して良いものとは言えません。しかしながら、自然界にはあり得ない程に高密度に人間が植林した土地において、きちんと大きな木に成長できるように適度に間引く為に木を切る行為も「伐採」の一種なのです。また、自然の雑木林も動物による適度な世代交代を必要としており、大型の動物がいない様な保存地区においては人間の手による「伐採」が適切な生態系の維持に必要である場合もあります。大切なのは「伐採」の行為そのものを制限するのではなく、その場所において必要とされる程度を理解し、その範囲内で十分に行うことが本当の自然保護に繋がるのです。

適切な伐採は人が森を助ける手段の一つ

「伐採」と言う言葉は、辞書で引けば単に「木を切ること」を意味します。実はこの言葉自体には悪い意味も良い意味もありません。しかしながら多くの方は、恐らく「伐採」という言葉に悪いイメージを持たれることでしょう。熱帯雨林の過剰な伐採が砂漠化に繋がり、緑豊かであった大地が不毛な荒れ地になってしまうイメージがあるためです。しかしながら実は。伐採そのものは必ずしも悪いことではない、むしろ自然が必要としている場合もあるのです。過密に生え過ぎた木はお互いの成長を妨げ合ってしまいます。大型動物による適度な間引きは森にとっても大切なことなのです。多くの方が砂漠化の原因と教わった「焼き畑農業」でさえ自然のサイクルに合った適度な頻度で実施すれば自然と共存できる立派な農法の一つなのです。大切なのは、かつての森と共存できていた頃の知識や情報をもう一度学び直し、許される範囲、必要とされる範囲の伐採を行うことです。